IT・システム判例メモ

弁護士 伊藤雅浩が,システム開発,ソフトウェア,ネットなどのIT紛争に関する裁判例を紹介します。

口コミサイトランキング操作と品質等誤認惹起行為 大阪地判平31.4.11(平29ワ7764)

口コミサイトで,ランキング1位と表示された事業者が,不正競争に該当するかが争われた事例。

多段階契約と履行不能(野村vs日本IBM) 東京地判平31.3.20平25ワ31378

著名な野村證券・野村HDと,日本IBMとの間のシステム開発紛争。 本件の特徴としては,大規模開発における履行不能の成否,多段階契約の意義,責任限定条項の解釈など,この種の紛争における典型論点について詳細に述べられており,実務上の参考になると思わ…

ブロッキング差止め 東京地判平31.3.14(平30ワ13295)

NTTグループが実施すると宣言したサイトブロッキングの実施について差止めを求めた事件。

個人情報保護法20条・22条違反と不法行為(ベネッセ事件)千葉地判平30.6.20金商1548-48

2014年に起きた大量の個人情報漏えい事件関連の民事訴訟の一つで,千葉で提起されたもの。個人情報保護法の規定の違反と,不法行為責任の関係や,セキュリティ対策についての具体的義務の水準について触れた点が注目された。

ソースコードと営業秘密の不正使用 東京地判平30.11.29(平27ワ16423)

元従業員が競合ソフトウェアの開発に関わったという事例におけるソースコードの「使用」が争点となった事例。

ゲームシナリオ作成契約と請負/準委任 東京地判平30.10.26(平30ワ3180)

ゲームの企画及びシナリオの作成に関する委託契約の性質が問題となった事例。

ソフトウェアを自ら使用するために必要な範囲での利用(著作権条項の解釈) 東京地判平30.6.21(平29ワ32433)

開発委託契約における著作権の帰属・許諾に関する規定の解釈が問題となった事例。

ダウンロード先URLの教示と公衆送信権侵害 東京地判平30.1.30平29ワ31837

ヤフオクにて,落札者にダウンロード先URLを教示する行為が著作権(公衆送信権)侵害となるか否かが争われた事例。

著作権法によるプログラムの保護 東京地判昭57.12.6(昭54ワ10867) スペースインベーダーパート2事件

プログラムが著作権法のもとで保護を受けるか否かが争われた事例。

ガチャの表示の不当性 東京地判平30.9.18(事件番号略)

期間限定で提供されていたガチャの表示を巡ってユーザがゲーム運営会社を債務不履行・不当利得・不法行為等に基づいて返金を求めた事案。

転職口コミサイトへの書き込みに関する権利侵害の成否 東京高判平30.3.8(平29ネ5032)

転職情報サイトの「社長はワンマン」等の書き込みについてプロ責法に基づく発信者情報開示請求がなされた事案において,一審で開示を求めたが,控訴審で判断が覆った事例。

写真素材のイラスト化 東京地判平30.3.29(平29ワ672)

同人誌のイラストの一部に写真素材が流用されたとして著作権侵害の有無が争われた事例。

リツイート行為と著作権侵害/ログイン時の発信者情報開示(控訴審)知財高判平30.4.25(平28ネ10101)

(1)リツイート行為が著作権侵害に該当するか,(2)著作権侵害行為時ではなく当該アカウントの最新のログイン時の発信者情報の開示を求められるかどうかが争われた事例の控訴審判決。

データベースの著作権 東京地判平30.3.28(平27ワ21897)

データベースの著作物性が争われた事例。

HTMLの著作権侵害 知財高判平29.3.14(平28ネ10102)

HTMLの著作物権侵害が問題となった事例。

マイグレーションの失敗 東京地判平28.10.31(平23ワ10498)

複数の個別契約を順次締結しながら進められたAS/400からのマイグレーションプロジェクトが頓挫した場合におけるベンダの責任の範囲が争われた事例。 ※なお,本件は控訴審判決(東京高判平29.12.13)も出ている*1。なお,原判決には更正決定も出ており,主文…

申込書記載文言の契約内容への組入れ 東京地判平28.11.15(平27ワ21838)

申込書記載の文言が契約の合意内容になっているか否かが争われた事例。

データ移行に関するベンダの責任 東京地判平28.11.30(平25ワ9026)

データ移行の不整合の責任の所在等が争われた事例(そのほかにも多数の争点あり)。

プロダクトキーの販売と商標権侵害 長野地判平29.8.10(平27ワ36)

マイクロソフト製品のプロダクトキーをインターネットを通じて販売した行為が商標権侵害に当たるかどうかが問われた事件。

ベネッセ事件最高裁 最判平29.10.23(平28受1892)

いわゆるベネッセ事件の損害賠償請求訴訟の最高裁判決。

ユーザの協力義務違反 札幌高判平29.8.31(平28ネ189)

システム開発頓挫の責任が,仕様凍結の合意後も大量の追加仕様を要求し続けたなど,ユーザにある一方で,ベンダは,リスクの説明をするなど,PM義務の履行をしていたとされた事例。旭川地判平28.3.29(http://d.hatena.ne.jp/redips+law/20161103/1478099168…

カスタマイズ範囲の画定と検収協力義務 東京高判平27.6.11(平26ネ6015)

パッケージベースの開発において,カスタマイズの範囲が争われるとともに,検収手続が完了していないながらもシステムの完成が認められた事例。

顧客情報の管理(ベネッセ事件刑事控訴審)東京高判平29.3.21(平28う974)

いわゆるベネッセ事件の刑事事件。原審(東京地立川支判平28.3.29)では,懲役3年6月が言い渡されたが,多くの認定の誤りが指摘され,量刑が軽くなった。

検索連動型広告と商標権侵害 大阪高判平29.4.20(平28ネ1737号)

モールの運営者が,検索連動型広告に表示されることについて商標権侵害の責任を負うか否かが争われた事例。

顧客情報の管理(ベネッセ事件刑事)東京地立川支判平28.3.29(平26わ872)

顧客情報の持ち出しと名簿屋への販売行為について,不正競争防止法違反に問われた事例(刑事事件)。なお,本件は,控訴され,控訴審(東京高判平29.3.21)では量刑が変更されている。

リツイート行為と著作権侵害/ログイン時の発信者情報開示 東京地判平28.9.15(平27ワ17928)

(1)リツイート行為が著作権侵害に該当するか,(2)著作権侵害行為時ではなく当該アカウントの最新のログイン時の発信者情報の開示を求められるかどうかが争われた事例。

情報漏えい行為による損害 東京地判平27.3.27(平25ワ13802)

元同僚の残業代請求訴訟の証拠として用いる目的で,社内の情報を漏えいしたことについての責任と損害。

ソフトウェアの不正改変による損害額の算定 東京地判平19.3.16(平17ワ23419)

ライセンス管理情報を改変し,すべてのモジュールを使用可能にした場合における損害額が争われた事例。

システムの開発対象と完成 東京地判平26.9.10(平22ワ46537他)

開発が完了したというためにはシステムが支障なく動作し,十分な性能を有するものである必要があるとしつつ,ドキュメント等が不十分でそれが認定できないとした事例。

システムの完成と追加作業報酬請求 大阪高判平27.1.28(平26ネ593他)

確定した仕様どおりに開発されているか否かをもってシステムの完成は判断されるとし,ユーザテストの不具合が再現しないことや,ユーザの挙げる不具合はいずれも軽微なものであることから完成を認め,さらにはベンダ代表者が謝罪したことや調停で譲歩した事…